コントロールを高める方法【ソフトテニス】

“安定して”試合に勝つためには、コースを狙うコントロールが生命線です。

常に相手の取りにくいコースを狙えると、相手は思い通りのプレーがしづらくなります。

スピードボールであっても、相手の楽なコースに飛んでしまうと、カウンターで強打をされてしまい、一転してピンチに陥ることになります。

安定して勝つためには、相手の嫌がるコースに配球することが大切です。

今回は、コントロールを高めるためのポイントを見ていきましょう。

“狙う”ための3つのポイント

狙って打つために、自分の打つボールについて、つぎの3点を意識しましょう。

① ネット上の通過点

② 軌道

③ 着地点

狙うときに、ボールの着地点だけを意識する選手が多いです。3点を意識できると、一段上のレベルでコントロールできるはずです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ネット上の通過点

ネット上のどこにボールを通すかを意識します。

どこを通すかをイメージできると自然とコントロールが上がります。

ボーリングで、手前の▲マークを狙うと、ボールがコントロールしやすいのと同じです。手前に目標を持つと、コントロールしやすくなります。

軌道

自分の打つボールの軌道全体のイメージを持ちましょう。

着地点のみをイメージして、点として狙うのではなく、線として軌道をイメージして、そこに実際の打ったボールを通していきます。トンネルをイメージしておいて、そこにボールを通すような感じです。

軌道をイメージして打つと、立体的にコートを見ることにもつながるでしょう。

着地点

コートのどこにバウンドさせるかです。相手をみて、相手の嫌がるコース、つまり着地点が判断されます。

ふつう着地点は、いやでも意識することになるので、ボールを打つ時には、通過点と軌道に意識を持っていくことがポイントです。

乱打で厳しいコースに打ってみる

練習では、“意識的に”いろんなコースを狙うのが大事です。

乱打では、実践を意識して、少し取りづらいコースを狙いあってラリーするのも大切です。「少し角度をつける」、「左足付近を狙う」など目的を持って狙うと、自然と“点で”狙うようになります。

毎球、どこを狙うか考えると、実践的にコントロールが磨かれます。

まとめ

コントロールを高めるためのポイントを紹介しました。コントロールの上達は、意識の持ちようで大きく変わります。意識して、コントロールを磨いていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする