風が強い日の戦い方【ソフトテニス】

風が強い日の試合は、とても多いです。重要な試合の日が強風だった経験は、みんなあると思います。

ソフトテニスは風の影響を受けやすい競技ですが、強風で中止になることは、ほぼありません。風が強くても上手く戦う必要があります。

風が苦手な人は多いと思いますが、戦い方を知り、コツを掴めば、いつもより優位に戦うことができるはずです。

今回は風が強い日に勝つための戦い方を見ていきましょう。

風上の戦い方

風上では、自分のボールが風に押されて伸びていきます。ロブは風に乗って簡単にバックアウトします。シュートボールを中心に戦っていきましょう。

風上からのシュートボールは、普段よりも加速し、相手の手元で伸びていきます。

風上からシュートボールを打つ時のポイントは、とにかく高い打点から打つことです。

打点を下げて、すくい上げて打つと、山なりの軌道になり、アウトしてしまいます。高い打点から打てれば、風の中でもコートに収まり、かつ風に乗っていつもより球威のあるボールになります

また、風上から打つ時には、思い切りよく、ラケットを振り切っていくことも大切です。

風上では、アウトを恐れてラケットを止めと、回転がかからずボールが落ちないのでアウトしやすくなります。思いきりよくラケットを振り切って打っていく方が、しっかりとボールにドライブ回転がかかるので、アウトが少なくなります。

風下の戦い方

風下では、ボールが風に押し戻されます。アウトはしにくいですが、大きく打とうとしないとボールが短くなります。

風下では、ロブを多く使っていくと良いでしょう。

風下からのシュートボールは、速度が落ち、短くなるので、相手の打ちごろになりやすいです。またシュートボールを打つと、シュートボールで返ってきやすいので、風上の相手が有利な展開になります。

風上からはロブを多く打てば、ミスが少なく、有利に戦えます。深いロブを打ち、粘り強く相手のミスを待つ、味方前衛のチャンスを作る、このことを意識して戦いましょう。

頭越しの中ロブも、相手前衛の頭上を越えた後に、風で落ちてくれるので、ミスが少なく有効です。相手を少しでも動かして、ミスやチャンスボールを引き出していきましょう。

風の中の前衛の動き

風の中での前衛の動きも見ていきましょう。風の中で相手後衛は、風上からはシュート、風下からはロブという心理になります。

そこで前衛としては、自分が風下の時は、ネットに張り付いて、ポーチボレーを狙っていきましょう。ネットに張り付くことで、ポーチが狙いやすくなりますし、もしロブへ誘導できたなら、相手のミスが増えるので、その場合も有利になります。

また、前衛は、自分が風上の時は、少しネットから離れてロブを追うようにしましょう。相手はロブが打ちづらくなり、とても嫌がるはずです。

まとめ

風の中での戦い方を見ていきました。強風でも、条件は相手と同じです。そこから一歩相手より抜け出せれば、勝つ可能性が上がっていくはずです。ペアと相談しながら、風を味方につける戦いを身に付けてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする