【強い後衛とは】勝つための後衛の考え方【ソフトテニス】

今回は、後衛として勝つための考え方です。

ボールを打つ回数が多く、ゲームを組み立てていく役割があるのが、後衛です。初心者を抜け出し、中堅、そして強豪ペアへと成長していくためには、やはり後衛の実力はカギを握っています

勝てる後衛になるためには、勝つためのポイントを押さえて、練習していくことが大切です。勝つための後衛の考え方を見ていきましょう。

①ミスを減らすのが鉄則

まずはミスを減らすこと、これが何より重要です。

ポイントの数を増やすためには、まずは、ミスを減らすことが、いちばん早い方法になります。目の覚めるショットで得点するより、些細なミスを減らすことの方が簡単なのです。

勝てる後衛になるためには、まず「いかにミスを減らすか」という考え方を持てるかどうかが大切です。ミスを減らすことを徹底しましょう。

目標としては、「後衛のミスは、1ゲームで1本まで」です。

ミスが1本以内なら、簡単に4ポイント取られることはありません。逆に2本以上ミスがあると、4ポイント取られる可能性は大きいです。ミスを1本で抑えられるかが、ゲームを取れるかの境目と心得ましょう。

② 深いボールを徹底する

つぎに重要なのが、深いボールを打つことです。

コースももちろん重要ですが、ダブルスでは角を攻めれば良いコースという単純なものではありません。つねに陣形のスキを見つける必要があり、高度な技術になっていきます。

一方で、深いボールを打つことは、どんな状況であれ、必ず相手を苦しめます。味方の前衛が活かすことにもなります。

深いボールを徹底して打つことは、後衛として、勝ちに結びつく絶対的な方法といえるでしょう。

③ 攻めと守りの適切な判断

少しレベルが上がると、つないでいるだけでは勝つことができません。

攻撃できるタイミングを見極めて、攻めれるときには攻める、守るべき時は守る姿勢が必要になります。

攻守の判断の基準は、どの位置からボールを打つかです。ベースラインの外側の、深い位置から打たされる時には、無理せず大きいロブなどで守る必要があります。

一方、ベースラインの内側から打てるときは、攻撃のチャンスです。迷わずラケットを振って攻めることが大切です。

攻撃の時に大事にしたいのは「近く、高く、速く」の意識です。

相手から近い位置で、高い打点で、速いボールを打てば、相手を追い詰めることができます。相手の返球の余裕を与えないために、この3点を満たした攻撃を心がけましょう。

④ 同じ打点、同じフォームの打ち分けを目指す

高いレベルでは、相手前衛に読ませずに、相手の陣形のスキを突くことが、勝つために求められます。同じ打点、同じフォームで、コース、長短を打ち分けることが重要です。

これができるようになるためには、まずはフットワークです。相手の打球方向を感じ取り素早くスタートを切ること、素早くボールへ寄ること、この2つが必要になります。予測して速く移動することで、はじめていつでも打ち分けできる余裕が生まれます。高度な技術ですが、少しずつ意識していきましょう。

まとめ

勝つための後衛の考え方を見ていきました。後半ほど難しい話になりましたが、まずはミスをしないこと、そこから一歩ずつステップアップしていくことが大切です。後衛の技術も、奥が深いですが、一歩一歩着実にものにしていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする