力を抜いてストロークを打つ方法【ソフトテニス】

ストロークで多い悩みの一つが、力んでしまうことです。

分かっていても難しい感じる人が多いのではないでしょうか。

力を抜くためには、いくつかのチェックポイントがあります。ポイントを確認して脱力スイングを身に付けましょう。

今回は、ストロークで力を抜くためのポイントをみていきます。

テイクバックで左手をそえる

実際にボールが来て、ラケットを引いて振り出そうとすると、力んでしまう人は多いのではないでしょうか。

素振りでは力を抜いてラケットを振れていても、ボールが来て、テイクバックすると、力んでしまう人は多いです。

テイクバックで力を抜くためには、左手をそえて、左手でラケットを導くようにテイクバックを行うことがポイントです。

右手の力だけで慌ててラケットを引くと、どうしても右手に力が入ります。

左手でラケットを導くようにして、ラケットを引いてあげると右手には力が入りません。左手の力でアシストしているからです。

また左手をそえると自然と腰がひねられ、腰の回転を使ったラケットを引くようになります。左手の力と腰の回転を使った、リラックスしたテイクバックになります。

ラケットを立てる

さらに、テイクバックで力む場合には、ラケットを立てると、自然と力が抜けます。

テイクバックでラケットがねていると、ラケットを落ちないように支えるため、グリップに力をはいります。ラケットを立てると、この余計な力が必要なくなり、力が抜けます。

スイングは息を吐きながら

スイングの初めから終わりまで、息を吐きながらスイングしていきましょう。

まず、ラケットの振り出しで、ゆっくりと息を吐き始めます。そして、インパクトにかけて強く息を吐き、ボールに力を伝えていきます。インパクトの後は、軽く息を吐きながら惰性で、スイングしていきます。

息が止まってしまうと、どうしても力が入ります。とっさの速いボールへの対応でも、息を吐きながらスイングできれば、力を抜くことができます。スイングでは呼吸を意識してみましょう。

ラケットの重みを感じる

スイングでは、ラケットの重みを感じつつ、ラケットを振っていきましょう。

ヘッドが自然に落ちる勢いスイングを開始し、ラケットヘッドの重みを感じながらスイングしていきましょう。

ラケットの重みを感じることで、ヘッドが遅れて脱力スイングになっていきます。

まとめ

ストロークで力を抜くためのポイントをみていきました。ボールの威力や安定性が上がるだけでなく、技術の習得も早くなります。ぜひ脱力スイングを目指していきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする