相手のボールを予測する方法【ソフトテニス】

相手の打つボールを予測することは、ソフトテニスでは重要な能力です。

相手の打つ方向を素早く察知することができれば、いち早く打点に入り余裕を持って返球することができます。

前衛であれば、コースの予測が当たれば、ポイントの数も増えていくはずです。

今回は、相手がボールを打つ方向を予測するためのポイントを見ていきましょう。

テイクバックからコースを予測する

まずは相手がテイクバックした時点でのフォームに注目しましょう。

多くの選手はテイクバックの時点で、打つコースによって違いがあらわれます。その特徴を、試合中を進める中で分析することで、打つコースをある程度予測することができます。

特に注目すべきは、スタンスです。打つ方向に合わせてスタンスを取ることが自然なので、無意識に打つ選手は自然と、打つ方向がスタンスにあらわれます。

そのため相手選手の打つ方向を分析する時は、スタンスを中心に見ていくと良いでしょう。大まかに、相手選手の打つ方向が見えてくるはずです

ラケットの振り出しから予測する

上級者になってくると、どのボールも同じテイクバックから打ち分けるようになってきます。こうなると、テイクバックの時点での特徴から、コースを分析していくことが難しくなります。

この場合、次のステップとして、ラケットの振り出しの瞬間に注目して、コースを予測していきましょう。レベルの高いプレイヤーであっても、ラケットを振り始めたら、コースや球種による違いが現れます。この瞬間を逃さずに反応していくことが大切です。

とはいえ、ラケットの振り始めの瞬間は一瞬のことなので、意識しないと飛んでくるボールに対して反応して動き出すというプレーになりがちです。

日頃からラケットの振り初めに対して反応できるように、目を鍛えるつもりで、意識的に反応する訓練を行っていくことが大切になります。

まとめ

相手のコースを予測するためのポイントを紹介しました。コースの予測の能力を鍛えることで余裕が生まれ、技術も上達する良い循環をもたらします。ぜひ意識して取り組んでみましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする