【一撃】後衛がポイントを決めるショット【ソフトテニス】

後衛も、攻められるときには攻めることが勝つためには必要です。

後衛が、ポイントするための方法は、サイドパスばかりではありません。陣形や相手心理を考えると様々な攻撃方法が見えてきます。多彩な攻撃を身に付け、相手前衛に的を絞らせない強い後衛を目指しましょう。

今回は、後衛がポイントを決めることができるショットを見ていきましょう。

ストレート展開で押し込むボール

ストレート展開で、ストレートに強く押し込むボールです。

ストレート展開で、こちらが高い打点から打ち込む場面では、相手後衛は、ミドル割りも警戒し、広い範囲を守ろうと意識します。

結果としてストレートに打ち込まれると、反応が半歩ほど遅れることになります。後衛がポイントを狙えるショットになります。

打ち方のポイント

フラットな面で、ラケットをほぼ平行に振り抜き、ボールを押すように打っていきましょう。ベースライン際を狙い、バウンド後に伸びるボールをイメージして打っていきましょう。

また、相手にミドル側を警戒させる必要があるので、コートのどこにでも打てそうなテイクバックを見せておくことも大切です。

クロス展開でミドルを割るボール

クロス展開で、コートの内側から高い打点で打てる場面では、ミドルを割るボールでポイントを狙うことができます。

クロス展開で、こちらがコートの内側へ前進して打つ場面では、相手前衛は、サイドパスを警戒します。

相手前衛は、ミドル付近にギリギリまで立っていても、最後にはサイドに体を入れて守ることがほとんどです。そのことを見越して、相手前衛がミドルに立っていても、前進して圧力をかけ、相手前衛をどけるつもりで、ミドルを割るボールを打っていきます。

打ち方のポイント

コートの内側で打てる短いボールに対して、前進して相手前衛に圧力をかけながら、高い打点で、ためらわずに打っていくことがポイントです。圧力をかけて相手前衛をどけるつもりで、前進しながら打っていきましょう。

クロスオーバーステップを行うとより圧力が増します。右足を交差させて前に出しながらステップして打っていきましょう。

低めの中ロブ

低めの中ロブも後衛がポイントできるショットです。

特にポイントに結びつくのが、右ストレート展開から、クロスへ引っ張る低い中ロブです。相手後衛から逃げていく軌道になるので、エースが狙えます。

トップ打ちが打てるぐらい余裕のあるときに打っていきましょう。トップ打ちが打てる牽制をいれてから、低い頭越しの中ロブを打っていきます。

トップ打ちも打てる構えから、中ロブに切り替えていくことで、相手後衛の足を一歩遅らせることができます。

打ち方のポイント

低い打点ですくい上げて打つのではなく、高い打点から平行に近いスイングで打つことが、キレのある中ロブを打つためのポイントです。

高さは、相手前衛が手を伸ばしても、わずかに届かないくらいの所を狙いましょう。

まとめ

後衛がポイントを決めれるショットを紹介しました。紹介したショットは基本的なもので、この他にも後衛の攻撃方法は数多くあります。自分の攻撃を振り返り、模索することが上達の近道です。ぜひ今回紹介したショットを足掛かりに、多彩な攻撃を身に付けてみて下さい。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする