回転をキレイにかからない時のチェックポイント

ストロークで多い悩みとして、「ドライブ回転がかからない」「スライスする」というものがあります。

回転さえ良くなれば、コントロールが大きく改善するはずです。

キレイに回転をかけるためのポイントを見ていきましょう。

グリップの問題

原因として、一番多いのはグリップです。

グリップが薄い、ラケットが上を向く握り方だと、そのまま振ればスライス回転になります。逆に、ラケット面が下を向く(かぶる)グリップだと、ドライブ回転が、かかり過ぎます。

もう一度、グリップを確認してみましょう。

ストロークで基本となるのは、ウエスタングリップです。地面にラケットを置き、真上からグリップに手を伸ばして、握った時のグリップが、ウエスタングリップです。練習の合間に、何度も確認すると良いでしょう。

グリップを治すと、はじめのうちは違和感があります。それでも根気強く続けていくと、しだいに慣れてきます。

慣れれば、インパクトの面が改善され、ボールにキレイに回転がかかるようになります。少し根気強く、継続してみて下さい。

スイング軌道の問題

スイング軌道も、回転がキレイにかからない原因のひとつです。

スイングは下から上です。

下からラケットを振る

ラケットを下から振りましょう。

テイクバックの時点では、ラケットを高く引いておいてもOKです。スイングの開始とともに、ラケットが落ちて、下から出てくる必要があります。

どうしてもラケットが下から出ないときは、テイクバックの時点で、ラケットを低く引いてもおくと良いでしょう。初めのうちは、意識付けになるでしょう

上に振りぬく

フォロースルーでは、ラケットは上に抜けていきます。スライスする人は、肩より下にラケットが巻き付くことが多いです。首に巻き付けるように意識しましょう。

インパクトで力が伝わらない

ワキが開くと、インパクトで力が伝わらず、ボールが抜けていってしまいます。結果、スライス回転になることが多いです。インパクトでは、ヒジを入れるように心がけましょう。

また、インパクトの瞬間のボールの見方も大事です。

インパクトしているボールを、ラケット面の後ろから、そして上から見るようにしましょう。ボールと目の距離が十分にとれれば、ワキがしめた打ち方になります。

まとめ

回転をキレイにかけるためのポイントを紹介しました。

まずはグリップから見直していくことが第一です。シンプルにひとつずつ見直せば、深みにはまることなく、自然な形で修正できるでしょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

フォローする